赤ちゃんの誤飲!生後9ヶ月の息子がイヤホンのシリコンカバーを飲み込んでしまった!

トラブル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

赤ちゃんは何でも口にいれて確かめる習性がありますよね。
口にいれるものが小さければ誤飲してしまうことがあります。
うちの息子も例に漏れずやってしまいました…
今回は息子が生後9ヶ月のときに、イヤホンのシリコン(イヤホンカバー)部分を誤飲してしまったときの体験談です。

誤飲の原因

生後9ヶ月の息子はつかまり立ちができるようになってました。
しかもハイハイでどこまでも移動できてしまい、今までは気にしてこなかったテーブルや棚の上に手が届くようになってしまっていたのです!
また私の危機管理も甘く、イヤホンを使ってそのまま棚の上に置きっぱなしということを度々やっていました。

この頃は寝ている息子を起こさないように、スマホにイヤホンさしてしょっちゅう動画見てたんですよね…

そんなバッドコンディションが整ってしまい、誤飲事件は発生しました。
当時、私は夕飯の洗い物でキッチンで作業に没頭。
息子が大人しく1人遊びしていることに感謝しながら家事をこなしていると、ふと棚に掴まって何やら口をあむあむさせている息子。

よく見ると息子が食べているのは私のイヤホンじゃないですか!!!!

急いで息子の元に駆けつけ、イヤホンをとりあげました!
そしてイヤホンを見てみると、シリコンのカバーが片方だけない…

息子は急に遊んでたおもちゃを取られてギャン泣き。
焦った私は泣き止ませる余裕もなくシリコンカバーを部屋中探しました!
しかし隅々まで探しても出てこない…

これは、100%息子のお腹の中に行ってしまったと確信しました。

しのくろ
しのくろ

当の本人である息子は機嫌が直ると元気にまた遊びだし、特段変わった様子はなかったので、そこは救いでしたね

誤飲の対処

誤飲事件は19時を回ったぐらいだったので、通常診療で病院に連れていくには遅い時間。
救急で行くべきかどうか悩み、とりあえずGoogle先生に頼ることに!

以下、検索結果の記事を読んでわかったこと

●金属や電池など体を傷付ける可能性があるものを誤飲したときは速やかに病院に行った方がいい
●シリコンはレントゲンには映らない
●様子がおかしいとかでなければ病院に行っても便で出てくるのを待つスタンスが多い

集めた情報を整理して、自分も冷静になってきたところで旦那さんに連絡をいれました。
息子の誤飲についてのお詫びと、対処法についての相談です。
上記の誤飲について調べた結果を踏まえ、
今回の対処は息子のうんちで出てくるのを待つことに決めました!

このときばかりは息子のうんちが待ち遠しかったですね…(´ω`)トホホ

2日後にようやく一件落着!

息子が誤飲をした日から、私のうんち検証作業が始まりました。
ありがたいことに息子は便秘症ではなく、むしろ1日2回以上はお通じがある子だったので、その時間を心待ちにしていました。
事件当日も直後にうんちタイムがあったのですが、さすがにそんな早くは出て来ません(それでも一応調べましたが…)

●翌日
息子、普段と変わらず機嫌も良さげ。
うんちを2回するも、中にシリコンカバーは見当たらず…

●翌々日
午前中のうんちタイムにて、検証の結果シリコンカバーを発見!!

しのくろ
しのくろ

やったー!イヤホンカバー出て来た!

このときばかりは心底安心しました。
すぐさま旦那さんに報告し、これでまた息子の様子を見て、特段変わりなさそうだったら大丈夫そうだねという話で連絡を終えました。
その後の息子の様子はというと、いつもと変わりなく遊んだり食べたりでどこにも異常はありません。
2日間ハラハラしましたが、無事に一件落着という運びになりました。

まとめ:赤ちゃんの誤飲

赤ちゃんの誤飲はよく聞く話だったので、我が家でも気を付けていたつもりですが、誤飲事件は起こってしまいました。
振り返っての反省点は以下の二つです。

1.息子の成長に合わせた危機管理ができていなかった
赤ちゃんは日々成長しています。
昨日まではハイハイしかできなかったのに、今日はつかまり立ちができるようになってるというように、行動範囲が広がればそれまでの部屋のつくりを見直さなくてはいけません。
日々育児に追われているママにとっては、いちいち部屋の見直しなんてする余裕はないかもしれませんが、赤ちゃんが誤飲する可能性のあるサイズのものはなるべく高い位置にしまっておきましょう。2.息子から目を離す時間が長かった
本当にたまたまなのですが、息子が(おそらくイヤホンに夢中で)全くぐずらないことをいいことに家事に没頭していました。
小さい子供がいるとどうしても家事を集中してできる時間が少ないため、貴重な機会を逃してなるものかと家事に専念してしまったんです。
でも今から思うと、もっと息子の様子を見ながら動くべきでした。(何のための対面キッチンなのだと自分でツッコミをいれてやりたかった)
特に何でも口に入れてしまう時期は気を付けてあげましょう!

皆さん十分気を付けていらっしゃると思いますが、誤飲はいつ起こるかわかりませんので、私の体験に基づく反省点を活かしていただければと思います。

コメント