2歳児と映画館へ!トイ・ストーリー4を見に行ってきました!

2歳児と映画館でディズニー映画(トイ・ストーリー4)を見に行きました おでかけ
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

「子どもが好きなアニメの映画を見せてあげたい!」

「でも子どもが途中でぐずらないか不安…」

というパパママは多いのではないでしょうか?

我が家では息子が2歳前にトイ・ストーリーのDVDにハマりました。

そして息子が2歳2ヶ月のときにトイ・ストーリー4が公開!

親である私たちも見たかったこともあり、勇気を出してトイ・ストーリー4を見に行きました!

そして2歳の息子と映画に行った結果…

なんと約2時間ぐずらずに最後まで見終えることができたのです!!

今回は

✅映画を見に行くまでに気を付けたこと

✅上映中の子どもの様子

についてお伝えします。

しのくろ
しのくろ

小さい子どもと映画に行きたいけど、まだ不安がある…
という方はぜひ参考にしてくださいね!

\イオンシネマでお得に映画鑑賞ができる/


小さい子どもと映画に行く前に気を付けること

映画館はテレビとは異なる点がたくさんあります!
小さいお子さんと見に行く前に、準備をしておきましょう!

映画は子どもの好きなものを選ぶ

子どもはよほど好きなもの出ない限り集中力が長く保ちません。

当たり前ですが、子どもと映画に行くときは子どもが見たがっている作品を選びましょう!

ちなみにうちの息子の場合は、2歳前からトイ・ストーリーのDVDにハマっていました。

そのためテレビでトイ・ストーリー4のCMが流れる度に

「えーが、みたいー!」

と言われる日々…

そして親である私たちもトイ・ストーリーが好きなのでもちろん見たい…!!

上映時間の長さに不安はありましたが、大好きな作品といった点ではクリアしてました。

当初、息子がDVDを見るときはチャプターで区切って見ることが多かったです。
だんだん通して見ることができるようになり、集中力がある程度ついてました。

お子さんがトイ・ストーリーを好きなら映画館への道は明るいです!

まだ見せたことがないという人はトイ・ストーリー1~3を見せて子どもの反応をうかがいましょう。

自宅にDVDがないという方はお手軽に動画配信サービスを利用して無料で見られます!

1ヶ月無料トライアル有名なU-NEXTでもトイ・ストーリーを取り扱ってます。


動画配信ではなくDVDで見たいという方には、動画+DVDレンタルもやっているTSUTAYAのサービスがおすすめ。


長編の前に短い映画で慣れておく

実は息子の映画デビューは1歳11ヶ月のときでした!

初めて見た作品は「しまじろう」です。

しまじろうの映画は

・上映時間が短い
・照明が通常より明るい
・途中で休憩がある
・声を出してもいい

など、子どもに配慮された映画なのでデビューにはもってこいです。

また2歳2ヶ月になってすぐ、「アンパンマン」の映画も見に行きました!

アンパンマンも映画デビューにおすすめとされてますが、しまじろうと大きくちがう点は次の2つです。

・照明は通常通り暗い
・休憩はない

しまじろうよりもレベルが上がり、通常上映とほぼ変わらなかったです。

暗いことが気がかりではありましたが、息子はアンパンマンの映画も難なく見終えました。

息子が映画館の暗さと音響に怖がっていないことを確認できたので、

「ひょっとしたらもう少し長い映画もいけるのではないか」

と、トイ・ストーリー4を見に行くことにしたのです!

補足:アンパンマン(62分)
トイ・ストーリー4(1時間40分)

しのくろ
しのくろ

普段からお子さんの集中できる時間を把握しておくといいですね。

スポンサーリンク

ぐずったらいつでも退出する覚悟!座席は出口付近

夫婦で話し合い、上映中に息子がぐずったら速やかに退出することを決めました。

周りのお客さんもお金を払って見にきてるわけですから、迷惑はかけられません。

映画館の席は退出しやすいよう、出口に近い通路側の席を押さえました。

そして最後まで見られるかわからないこともあり、映画館の割引デーを狙ってチケットを購入!

途中退出になったらお金がもったいないので、なるべく安くチケットが帰る日に行くことをおすすめします。

前売り券などを使うのもありですね!

しのくろ
しのくろ

途中退出にかかわらず、安くすむにこしたことはないですけどね!

ちなみに上映時間は午前中やお昼ごろの明るい時間帯が子供も多いのでおすすめです。

周りに子どもがたくさんいると、それだけで親も気持ちが軽くなりますよ。

上映時間の10分後に入る

映画って最初は予告CMが長いですよね。

しまじろうとアンパンマンでもCMの長さが気になっていました。

今回はただでさえ上映時間が長いのに、CMまで見せてる余裕はない…!

ということで、上映開始時間の10分後にシアターに入ることにしたのです。

まだCMはやっていましたが、5分ぐらいで本編が始まったので息子もグズらず待てました!

CMが終わりきる前に入れば、照明も少しついてて席までスムーズに移動できますよ。

しのくろ
しのくろ

同じような考えの方が多かったのか、周りの子ども連れ家族も同じようなタイミングで入っていく人も多かったです。

おまけ・2歳児の映画料金は?

通常、映画で子どもに料金が発生するのは3歳からです。

・3歳~ :1,000円
(TOHOシネマズ、MOVIX、イオンシネマなど)

ただし座席を子どもに用意する場合、1歳だろうが2歳だろうが料金は発生するのでご注意ください。

しのくろ
しのくろ

抱っこで見る場合には、2歳以下のお子さんは無料ですね!

うちは席を用意したので息子の料金(1000円)を払いました。

 

しかし映画によっては2歳から料金が発生するものがあります。

例)しまじろう、アンパンマンなど。

小さい子供がメインターゲットの映画は2歳も立派なお客さんですからね。

正直、親子3人分のチケットを買うと出費がかさむので映画館やクレジットカードの割引をフル活用することをおすすめします。

 

私が個人的に最強だと思っているのはイオンシネマとイオンカードの組み合わせ!

・イオンカードでの支払いでいつでも300円OFF!

・毎月20日・30日のお客様感謝デーは1,100円で見られる!

さらにイオンカード(ミニオンズ)、イオンカード(TGC)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)は常に映画料金が1000円です!

映画好きな人は持っていて損はありません。



今なら新規入会で最大20%キャッシュバックのキャンペーンもやっているのでお得ですよ~

トイ・ストーリー4は2歳でも楽しめた?上映中の様子

トイ・ストーリーが大好きな息子はずっと真剣にスクリーンを見つめていました!

途中で笑うところでは少し笑ったり、好きなキャラクターが出てきたときには

「●●がでてきたね!」

と少しだけ会話をしました。

話し声は小さかったので、隣の席でも耳を近づけてなくては聞き取れないぐらいの会話です。

周りの方へ迷惑をかけずに最後まで過ごせました。

会話を少しした以外は息子がずっと集中して見ていてくれたので、特に何もしませんでした。

ときたま、息子がチャイルドシート(子ども用の座布団みたいなやつ)からずり落ちそうになるのを直したりしたぐらいです。

ちょっと怖い人形が出てきたシーンでは

しのくろ
しのくろ

怖くて泣いたりするかな…?泣いたらすぐに出なくちゃ!

と心配したのですが、特に動じることもなく最後まで見続けてくれました。

ただ怖いかどうかの基準はその子によるので必ずしも2歳の子に大丈夫とは言い切れません。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、今回のトイ・ストーリーは後編が特に大人向けの内容だったように感じます。

もちろん、おもちゃたちの冒険やわちゃわちゃしたやり取りは楽しいです!

ただ、ラストに向けて色々考えさせられるような展開でした。

子どもはまた違った感じ方をしてるかもしれませんけどね。

 

少し難しい話もありましたが、2歳の息子が最後まで見ることができたのも事実です!

トイ・ストーリーが大好きなお子さんなら、最後まで集中して見てくれる可能性は十分にあります!

ちなみに映画館には息子より少し大きいくらいの子(3歳前後)もたくさんいました!

上映中に泣いたりぐずったりという子はいなかったので、きっとみんな集中して見れていたと思います。

しのくろ
しのくろ

ディズニー映画は意外と子連れで行くハードルは低いかもしれませんね!

スポンサーリンク

2歳児と映画を見に行く!・まとめ

今回2歳の息子と一緒に映画を見に行くにあたり、気を付けたことは次の4点です。

①息子の大好きな作品を選ぶ
②短い映画で音や暗さに慣らしておく
③席は出口付近の端を取る!ぐずったらすぐ退出する覚悟!
④上映時間の10分後にシアターに入る

息子はまだオムツだったので書きませんでしたが、トイトレ終わってるお子さんは上映前におトイレに連れていってあげてください。

 

子どもが小さいとなかなか映画館でゆっくり映画にも行けませんよね。

でもお子さんの集中力がついてきてると感じたら、チャンスです!

お子さんの好きな作品を選んで映画館へ足を運んでみてください。

映画館の非日常的な空間はママもリフレッシュできますよ♪

しのくろ
しのくろ

もちろん、最後まで見てくれる確証はありませんので途中退出は覚悟で…

わが家は11月のアナ雪もトライしようかと考えております!

 

コメント