【乳児湿疹】新生児の顔に湿疹!生後4ヶ月でキレイに治りました

0歳
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

生後間もない息子のお世話では細々したトラブルがつきものでした。
その中の一つが乳児湿疹です。
0ヶ月の頃から始まり、完全に落ち着いたのは4ヶ月の頃でした。
息子の乳児湿疹がどのように落ち着いて治ったのかのお話です。

乳児湿疹って?病院に行くべきなの?

乳児湿疹は赤ちゃんの顔に湿疹ができるものを言います。
うちの息子も例にもれず、0ヶ月から顔に赤い湿疹がぽつぽつとできていました。
ここで気になるのは、湿疹を治すために病院に行くべきかどうか?ということ。
私は1ヶ月健診の時に小児科の先生に相談したのですが、息子の湿疹の程度であれば特段薬とかは使わなくても大丈夫とのことでした。
ただ、沐浴後の保湿は欠かさないようにね」とだけ言われました。
確かに息子の湿疹は赤くポツポツが広がっているものの、膿んでるとかはなく軽めでした。
また湿疹の面積も頬っぺただけと限定的だったので、先生もそのように判断したのだと思います。

ただ、乳児湿疹はひどくなったり長引いたりするとアトピーになりやすくなるというお話もあるらしいので、気がかりなママさんは念のため小児科か皮膚科を受診したほうが安心ですね!

ちなみに湿疹の原因の一つに自分で顔を引っ掻いてしまうというのがあります。
これもまた新生児の習性でどうしようもできないこと…
引っ掻き予防のためにミトンを使った方がいいのか伺ったところ、
万が一寝ている間にミトンを口にくわえて窒息なんてことになったら危ないから勧めない
と言われ、結局ミトンは使うのをやめました。

湿疹が収まったと思ったら…今度は脂漏性湿疹!

湿疹といえば赤く炎症を起こしているような症状が主なものだと思います。
息子も生後0ヶ月~2ヶ月の間はこの類の湿疹でした。
しかし、生後2ヶ月たって顔がキレイになってようやく乳児湿疹ともおさらばだ!と思っていたところ、
今度は息子の頭皮が鱗のように(皮膚が地割れしてるような感じです)なってしまってました!

急いで調べると、これも乳児湿疹の一つで「脂漏性湿疹」というものだそうです。
赤ちゃんは生まれてすぐの時期は皮脂の分泌が過剰で、皮脂が固まって鱗のようになっちゃうことがあるんだそうな。
この症状も成長していくにつれて皮脂のコントロールができるようになっていくため自然と治るそうです。

原因もわかって安心したところでまじまじと息子を観察。
痒そうなそぶりも痛そうな素振りもまったく見せずにご機嫌に過ごしてらっしゃる。
まだ髪があまり生えていなかった分、湿疹が目立って心配していたけど、特段息子には気にならない症状っぽかったです。

とはいえ、気になる私は生後2ヶ月で受ける予防接種の際についでに小児科の先生に相談しました。
先生からは「ほっといて治るから大丈夫だよ。浮いてきてる皮膚(皮脂?)は無理やり剥がさないようにね」と言われ、
薬とかも出されずそのまま帰ってきました。

脂漏性湿疹のケア方法

小児科の先生には特に何もしなくても治ると言われたけど、できるなら早めに何とかしてあげたいと思っていました。
ちょうどそのころ、産後の経過訪問みたいな感じで保健師さんが家にやってきたので、その時にも脂漏性湿疹について相談することに。
すると下記のケアの方法を教えてくれました。

①沐浴の1時間前ぐらいから湿疹部分をベビーオイル(もしくはオリーブオイル)でひたひたにする。
(このとき頭がべたべたになるのでタオルやガーゼをひいたりしておきましょう!)
②皮脂がふやけてきたところで沐浴へ。皮脂を落とすように頭を洗う
(洗う際は強くこすりすぎないように!取れないものは無理して取らない)
③入浴後のケアはいつも通りに行って大丈夫

実際に私もこの方法を1度試してみたのですが、ふやかす時間が足りなかったのかあまり皮脂がとれず…
なんだか頭がべたべたでかわいそうだったので結局その後は実践しませんでした(^-^;

でも生後4ヶ月になったあたりで皮脂がだいぶ浮き上がってきて、息子がたまたま頭を引っ掻いたときにぽろっとキレイにとれたんですよね。
小児科の先生には無理にとってはダメと言われたけど、ちょっとこすったら取れてしまうぐらいになっていたので、
息子が寝てる間にこそこそと浮き上がっている皮脂を取っていきました。
もちろんしっかりくっついてそうなところをはノータッチです!剥がれそうになっているところだけちょっとつまんで取ってました。

(これはあまりおすすめできないやり方なので真似しない方がいいです(^-^;))

すると4ヶ月前半ではだいぶきれいになって、それから湿疹が再発することもなかったです。

まとめ:乳児湿疹が生後4ヶ月でキレイに治りました

息子は湿疹の程度があまり重くはなかったので、病院に特別かかることもなく自然となくなりました。
(小児科の先生に相談やアドバイスをもらったりはしましたが…)
親としては見た目にも痒そうだったり、痛くなってないかなと不安に思うこともありましたが、
当の本人があまり気にせず過ごしているようだったので、見守り続けていくうちに徐々に湿疹がなくなっていったというかんじでした。

もし赤ちゃんが痒そうにしてたり、見た目にも膿んで痛そうだったりする場合には、速やかに小児科や皮膚科でお薬をもらうのがベストですよ!

乳児湿疹は誰しも通る道なので、焦らず冷静に経過を見てくださいね。

コメント